いろいろな症状

うつ病は人によって症状が違います。

うつ病の代表的な症状としてあげられるのに、まず不眠があります。 そして、次に倦怠感や不安感などの気分障害です。 これらのうつ病の症状は、なかなか本人が治療の必要を感じることを自覚するまでに至りません。うつ病と「うまく付き合う」ということが最近よく言われていますが、本人が自覚して治療にたどり着いて初めてそういえます。まず不眠症状の場合は無理して眠ろうとせずに、そのまま眠くなるまで起きていることで解消できることもあります。 これを何回か繰り返すことで睡眠のリズムが自然に戻ってゆきます。これも、実は一つのうつ病の治療法でもあり、これは生活のバランスをまずリセットすることです。 いちばん手軽にできるうつ病の治療法の第一歩と言われています。

そして、いろいろな治療法があります。

現在、様々なうつ病に関する治療法が飛び交っておりますが、はじめに言えるのは決して焦らないこと。精神的に追い詰められることは、うつ病にとってその原因になるほど辛いもの。まして、自分自身を追い詰めることでさらにうつ病は悪化していきます。まず、思い切って身体と心を解放しましょう。仕事はなるべく長期の休暇をとって、何も考えない時間をつくります。普段忙しくて、できなかったスポーツや趣味などに時間を使いながら、毎日の生活時間を思いきり自分自身のために楽しむことです。そうすることで、自然と疲れた身体や心が戻っていくと言われています。しかし、心の風邪と言われているうつ病ですが、本当の身体の風邪のように自然に治ることが難しいことも事実です。やはり、それでも何かの変調を感じた時は、お医者様に相談することで治癒は格段に早まります。いずれにせよ、辛い思いをした分だけ、きっと完治した時には人としての心の深さも増ししていることでしょう。そう思うことが、実は一番の治療法なのかもしれません。