患者との接し方

うつ病患者との接し方

うつ病は現代病の一つと言われるほど、患者数も増えてきています。しかしその一方で、うつ病患者が家族や職場など周囲からの理解を得られず苦しむという事例は多くあります。ここでは、うつ病患者との接し方の注意点を紹介します。まずは患者に負担をかけさせないことが基本です。うつ病は主にストレスの蓄積が原因で発症します。そのためうつ病患者にさらにストレスをかけるとその症状は悪化します。調整事を依頼したり、決断を迫ったりという負担をなるべくかけないようにしましょう。次に、叱咤激励は控えましょう。言う側は善意であっても、うつ病患者にとって叱咤激励は、精神を追い詰めるものになり得ます。相手の様子を見て、言葉を選びましょう。

適切な治療によって回復します

うつ病にかかった患者やその家族にとって、うつ病は出口の見えない暗いトンネルのように感じられるかもしれません。しかしうつ病は、その多くが一過性のもので、適切な治療をすれば社会復帰できるまで回復します。一人、家庭内でクローズして悩まず、精神科の医師の診断を受け、病気と向き合うことが治療の第一歩です。うつ病の症状がある方は、まずは早めに医師に相談しましょう。また、最近では治療のための様々な抗うつ薬が開発されています。抗うつ薬の投与によって、脳内のうつ状態が改善します。もちろん薬には副作用もありますが、医師の指示に従って投薬を続け、治療していくことで、多くの患者が回復していきます。是非早めの対応をしてください。