もう、無理だ。となる前におこしください

うつ病の治療法

うつ病で不安やつらさを抱えている方コチラへぜひどうぞ。|うつ病サプリ

うつ病は、心の病だと思っていませんか?その認識は半分くらいしかあっていません。もう半分を知りたい方に。

年々増えていくうつ病患者

近年うつ病患者は増加傾向にあり、その存在がクローズアップされています。 うつ病が社会に与える影響は非常に大きいものになっているのです。 この病気にかかった場合、早期発見と早期治療が望まれますが、その治療とはどういった療法があるのでしょうか。 今では薬を服用する内科的治療を行う事もありますが、それが開発されたのはつい最近の事です。 認知度が高くなるにつれて内科的治療が開発されたのですが、それ以前はどのように治療を行っていたのでしょうか。 代表的な治療としては、今でも行われているカウンセリングによる心理療法があります。 うつ病は心の病ともいわれていますので、心理療法は今でも行われているのです。 その他には外科的治療として電気ショックや脳手術がありました。 今ではほとんど行われる事はありませんが、昔は有効な治療法として扱われていたのです。

今後も期待される有効な治療法とは

今後うつ病はどのような療法が有効利用されるのでしょうか。 今最も有効とされているのは抗うつ剤による治療です。 これは脳神経に直接働きかけ、セロトニンの伝達を手助けする効果があります。 心理療法等と比較すると個人差が少なく、効き目の違いに差がないといわれています。 投薬量も患者の症状に合わせてコントロールできますので、医師側も安心して処方する事ができます。 一般的に抗うつ剤の効果は投薬後2週間程してから出てきます。 即効性がある訳ではないので、効果が薄い期間を辛抱する必要はあります。 また投薬後は眠気や口渇・便秘といった副作用もあるので、車の運転等は控えるべきでしょう。 しかし副作用もだんだん慣れてくる事で薄くなります。 よって投薬効果を考えると、抗うつ剤は今後も有効な治療法である事に変わりないでしょう。

早めの受診が肝心です

うつ病は精神疾患の一つで、日本でも患者数は年々増加し、今では現代病の一つとも言われています。しかしうつ病にかかっていない人から見ると、うつ病はただの甘え、怠けに見えてしまい、なかなか理解されません。この理解不足がうつ病治療の障害になってしまう場合があります。うつ病を患うと、気分が沈み、意欲・関心が極端になくなり、注意力散漫になって通常の生活にも支障が出てきます。この症状は最初のころは患者自身も自覚できますが、悪化すると自分への関心もなくなるので自覚すらできなくなります。そのため、うつ病の症状が現れたら早めに精神科を受診することをおすすめします。医師の診断を受け、うつ病と向き合うことが治療の第一歩なのです。

多くの抗うつ薬が開発されています

うつ病治療で最も一般的で人気があるものが抗うつ薬投与による治療です。うつ病の症状である倦怠感は、脳内物質のメラトニンの伝達不足が原因と考えられており、その機能を助ける薬が開発されてきました。抗うつ薬が開発される前は、電気けいれん療法という外科的手法が主流でした。頭部に電極を取り付け、脳に電流を流し、一時的にてんかんと同じ状態を作り、うつ状態を改善させるのです。しかしこれは一時的に記憶がなくなるなどのリスクもあるため、今では抗うつ薬投与が主流になりました。もちろん抗うつ薬にも副作用はありますが、医師が患者の状態を見極め、薬の種類や量を決めてくれます。医師の指示に従って治療をすすめていきましょう。

いろいろな症状

うつ病の症状にはいろいろとあります。倦怠感を生じたり、食欲が激減したりとさまざまです。そういったものから睡眠不足にも繋がり、他の病気を併発しかねない病気だと言われています。

» 詳しくはこちら

うつ病を克服

うつ病は、精神病をイメージする人が多く、患者の中にも公表することが出来ない人が多くいます。しかし、そういったものを抱えたままだと完治は遠くなります。心療内科はしっかりと通って、適性な治療を受けましょう。

» 詳しくはこちら

自分に合うもの

うつ病治療法は数多くあります。その中でも、自分に合うものを選ぶといいでしょう。無理を感じることは逆効果で、うつ病を悪化せる原因にもなります。そういったことがないようにしましょう。

» 詳しくはこちら

メニュー

治療費を支援

うつ病患者の治療期間というのは、人によって異なる為に、最初から明確に治療費が分かりません。費用の負担を支援する制度もあるので、不安を感じたら利用するといいでしょう。

» 詳しくはこちら

患者との接し方

うつ病は心の病気です。下手に刺激をすると負担が大きくなる可能性があるので、周りの人はむやみやたらに応援の言葉などを掛けることは控えましょう。接し方については医者に尋ねるといいでしょう。

» 詳しくはこちら